雑記帳

暇な時間にだらだら書いてます。

考え方の違い

損得の話を見たのでちょっと書いておきます。

togetter.com

人は損得勘定で物事を決めたほうがいいと思うんですよね。損なことをしても自分が苦しくなるだけで現状悪化するか変わらないから.....。

「妊婦さんとか子供連れとかお年寄りとか、普通に席譲りますけど、特に下心とかは…」と返したところ、「自分が損するだけなのに?」と更に問われてちょっと呆然とするなどしました。…損するって、何の損得…?

この時点で損得勘定が違っていたりします。妊婦さんやお年寄りに席を譲らないことによって起こるトラブルが発生するという起こりうる可能性を考えてないので損する可能性があります。どういうことかというと・・・・

お年寄りの人が譲って欲しいと声をかけられました。でも、席を譲ることによってお礼をもらえることでもないですし、自分にメリットがないので譲る必要がないと考え譲らないことによって言い争いになる可能性がある。激しく論争をすると駅員に呼ばれる可能性があり、事を説明するのに時間がかかります。

上記のような不要なトラブルが起こる可能性があり、事を説明したり、お年寄りと言い争う時間が損なんですよね。気持ちがどうのこうのはよくわからないし、人それぞれなのでどうだっていいのですが、時間は限られている為、慎重に使うべきです。(そもそもトラブルを避けるのであれば席に座らずに隅の方で立っていればいいのですが...)

言い争いになるということは相手は怒っている状態が多いのですが、怒っている相手に対して自分の伝えたいことを言って「うん わかった!そうだね」みたいなことを 言う人はまずいません。理解してもらおうとする努力や説得している時間が無駄であり、ネットサーフィンなどの自分の為に有効に使える時間が使えなかったりするので損をしている訳です。

物事、先のことをよく考えて行動するのが損得勘定の考えだったりします。気持ちがよかったから得だよねみたいな考え方はちょっと違うかなと....。